• ホーム
  • 提供を受けるAGA治療薬は子作りに影響を与える?

提供を受けるAGA治療薬は子作りに影響を与える?

手で持たれる薬

AGA治療を始めるのであれば、まず最初はクリニックで診察を受けるようにしましょう。
自身の薄毛の原因が本当にAGAであるのかの確認、また治療薬を服用しても良い身体であるのかを知ることができます。
しかしクリニックで治療を受けるのは、大きなデメリットが生じてしまうことがあります。
それは保険を使うことができないことです。
高い医療費を支払うことになりますので、この点は大きなデメリットになるでしょう。
しかしそれを払拭する医薬品の提供を受ける場所があります。
提供を受ける場所は、個人輸入代行業者になります。

個人輸入代行業者から医薬品の提供を受ければ、高い医療費を削減することができます。
ただし服用は自己責任になりますので、そのつもりでいることが求められます。
日本では医薬品の副作用が起きた場合、救済する制度がありますが、それを受けることができない可能性が高いです。
副作用が起きてもすべて自分の責任になりますので、そのつもりで服用するようにしてください。

AGA治療薬を服用することで、子作りに影響を与えることを懸念する人が増えています。
AGA治療薬として有名なプロペシアは、女性が服用するだけではなく、触れることさえも禁忌されています。
その理由は妊娠している場合、胎児に悪影響を与えるからです。
このようなこともあり子作りに影響を与えるのではないかと心配している人がいます。

結論から言うと、そのようなことは少ないと言われています。
確かに微量の医薬品成分が精液に含有されることは確認されていますが、子作りに影響を与えるレベルではないと判断されています。
しかしまだAGAは研究段階であり、まだまだ未知数のこともありますので、確かなことはわからないというのが現状です。

人気記事一覧