• ホーム
  • 脱毛の悩みをAGA専門の医療機関で解消する

脱毛の悩みをAGA専門の医療機関で解消する

脱毛は、加齢とともに進行します。
ただし、人によってはそのペースが速かったり、若いころにあらわれてしまうこともあります。
男性の場合、AGA(男性型脱毛症)になる可能性があります。DHT(ジヒドロテストステロン)の影響を受けやすい頭頂部、前頂部を中心に脱毛が始まってしまう症状です。
AGAの治療には、専門の医療機関があります。AGAは治さなければすぐに命に関わる病気ではありませんが、本人の自信を失わせてしまうという問題があります。
また、AGAが動脈硬化などの循環器の病気が原因で起きている場合もあるので、その場合にはまずはそちらの問題を治す必要があります。
AGAの専門の医療機関で一般的に行われるのは、生活習慣の改善の指導です。それでも改善が見られない場合には、DHTを増やさないようにさせる治療薬を使って治療します。
この薬は男性ホルモンのテストステロンを、より強力な作用を持つDHTに変えてしまうのを防ぐ効果があります。II型5α-リダクターゼという酵素の働きを阻害することで、DHTを増やさないようにして、脱毛を食い止める方法です。
基本的には医療機関でしか処方できない薬ですが、今ではネット通販で購入できるようになっています。ただし、海外の薬は医薬品医療機器等法という日本の法律に基づいてチェックされた薬ではないので、品質、有効性、安全性の面で問題がある可能性があります。
内服薬で体に入れる薬なので、できるだけ医療機関で診てもらい、処方してもらうのが望ましいです。
薬が効かなければ、自毛植毛、成長因子、増毛、かつら、などの対処方法もあります。
方法はいろいろあるので、諦めずに受診してみることが大切です。