• ホーム
  • AGAによる脱毛はイソフラボンでヘアケア

AGAによる脱毛はイソフラボンでヘアケア

納豆や豆腐などの大豆製品に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンに良く似た働きをすることで、美容に良いとされてきた栄養素です。
同時に良質なタンパク質や亜鉛が含まれていることから、育毛にも良いとされ、薄毛に悩む男性が積極的に摂りたい栄養素のひとつとされています。
タンパク質や亜鉛は髪の毛を構成するために、無くてはならない栄養素なので、薄毛に対するヘアケアとしてはとても重要なことです。
最近ではイソフラボンがAGA治療に使用されるフィナステリドと、同じような働きがあることが発見されました。
脱毛の個人差はあるものの、AGAは男性ホルモンのテストステロンと5α還元酵素が結びつくことでDHTを生成し、この物質が毛母細胞にある男性ホルモン受容体に結合することで、ヘアサイクルを乱して脱毛を促進させていると言われています。
AGAではこの原因物質が高濃度で生成されると、いくらヘアケアをしても追いつかず、脱毛が進み頭頂部や前髪の薄毛が目立つようになります。
こうした症状を抑えるために、5α還元酵素阻害薬となるフィナステリド製剤を使用していましたが、イソフラボンでも同様に5α還元酵素を阻害する働きがあるとされ、DHTの生成を抑制することで、進行する脱毛の抑止力になると期待されています。
イソフラボンは女性ホルモンにも良い影響を与えることから、女性の出産後にホルモンバランスが乱れることによって起こる分娩後脱毛症にも効果的と言われています。
フィナステリド製剤は副作用もあり、使用するのに不安があるという人や、通常のヘアケアでは脱毛が進んで期待できなかったAGAの人は、意識的にイソフラボンを摂取するようにすると良いかもしれません。